1. 糖質制限ダイエット
  2. やり方糖質制限食食べ物おかずお肉コーンドビーフのカロリーは?糖質制限には向いている?

2017/04/10更新

コーンドビーフのカロリーは?糖質制限には向いている?

コーンドビーフ

コーンドビーフというと分かりにくいかもしれませんが、要はコンビーフのことですね。よく缶詰になって売られている牛肉の塩漬けのようなもので、サンドイッチの材料などによく用いられます。今回はそんなコーンドビーフのカロリーと糖質を調べてみました。

もちもち低糖質大豆麺ソイヌー

コーンドビーフはカロリーやや高め

コーンドビーフは100gあたりのカロリーが203kcalほど。おそらく1缶がちょうど100g前後だと思います。メインとなる材料が牛肉なことからカロリーはやや高め。油断しているとすぐに大量のカロリーを摂取してしまいそうです。

ただ、コーンドビーフを1日に2缶も3缶も使うことは少ないでしょう。そのまま食べるにせよ、料理に使うにせよ1缶が基本かと。そういった意味ではコーンドビーフによってカロリー過多になる可能性は低いかもしれません。

ただ、チャーハンやスープなど他の食材と混ぜる時には注意。完成品のカロリーが大きくなりすぎないように調整しましょう。

もちもち低糖質大豆麺ソイヌー

コーンドビーフは糖質制限向け

コーンドビーフ1缶の糖質量は1.7gほど。元の牛肉と比べると多少は高いものの、十分に低い数字と言えるでしょう。よしんば10缶食べても17gの糖質量。スタンダード糖質制限なら一食に40g程度の糖質を摂取できるわけで、コーンドビーフなら20缶でも大丈夫ですね。

とはいえ、実際に20缶も食べれば塩分過多などの問題が出てくるでしょう。とにかく、そのくらいには糖質が低いということ。これを上手く活用して糖質制限を乗り切ってみてください。おすすめは野菜類と一緒にすることでしょうか。けっこう味が濃い目なのでサラダによく合うと思いますよ。

逆にサンドイッチやコロッケなどは避けることを推奨。サンドイッチはパンが、コロッケはジャガイモが高糖質な食品なのです。いくらコーンドビーフが低糖質でも、パン類などと組み合わせてしまえばそれなりに糖質量が増えてしまいます。

▼ おすすめの関連記事
肉は低糖質!牛肉も豚肉も鶏肉もレバーと味付けのみ注意が必要

▼ おすすめの関連記事
糖質制限中にオススメの「おかず」はナニ?肉や魚や糖質0g麺など

肉料理と糖質制限に関する記事をご紹介

肉料理と糖質制限に関するその他の記事をご紹介します。

私達といっしょに糖質制限を広めてみませんか?

インスタ60,000フォロワー突破!役立つ情報満載!

もちもち低糖質大豆麺ソイヌー

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2021 糖質制限ダイエットshiru2 All Rights Reserved.