1. 糖質制限ダイエット
  2. やり方糖質制限食食べ物スイーツ和菓子あんこの糖質はどのくらい?低い高い?カロリーは?

2017/06/12更新

あんこの糖質はどのくらい?低い高い?カロリーは?

あんこ

あんこは饅頭やきんつば、大福など和菓子に欠かせない食材のひとつ。他にもおはぎやたい焼きなど、あんこを使ったお菓子をあげていけばキリがないですね。そんなあんこだからこそ、ダイエット向けかどうか気になる方も多いはず。そこで今回はあんこの糖質とカロリーを紹介します。

もちもち低糖質大豆麺ソイヌー

あんこの糖質は高い

あんこの糖質が高いのは何となくイメージしやすいかもしれませんね。甘みが強いものほど糖質が高いことも多いわけで、あんこ100gにはつぶしあんで約48.3gこしあんで約20.3gの糖質が含まれています。

こうしてみると、つぶあんがこしあんの2倍以上の糖質を持っているのが分かります。しかし、あんこの食品成分表では、つぶあんが砂糖を添加しているのに対してこしあんは砂糖を添加していません。

つまり、糖質20.3gのこしあんは甘みが少ない状態です。こしあん100gには約60gの砂糖を添加すると言われているので、実際はこしあん100gあたり50g前後の糖質量になると思います。要はつぶあんでもこしあんでも大した違いはありません。どちらも重さの半分程度の糖質を持っているので糖質制限中なら摂取は控えめにしておきましょう。

砂糖を加えていない状態でも糖質が高めなのは、原材料である小豆が100gあたり約40.9gの糖質を持った高糖質食品なためです。ちなみに、饅頭1個(50g)に使うあんこの量がおおよそ15g前後。饅頭の3分の1はあんこで出来ています。

もちもち低糖質大豆麺ソイヌー

あんこは使いすぎない

上記で紹介したようにあんこは糖質が高いので、糖質制限中は使い過ぎに気を付けてください。あんこがぎっしり入ったお菓子が美味しいのは分かりますが、自分で饅頭や大福を作るなら少なめにしておきましょう。

ただ、その分だけ生地の量を増やすのはアウトですよ。饅頭や大福はあんこだけでなく外側の生地も大量の糖質を含んでいます。

低糖質なあんこもある

糖質制限が騒がれる昨今、低糖質なあんこもしっかり登場しています。ものによっては糖質量を9割程度もカットしているようで、これを使えば饅頭や大福などの低糖質化が期待できます。ただ、あくまでもあんこの販売なので、和菓子の糖質を下げたければ自分で作らなくてはならないんですよね。

とはいえ、糖質制限を上手く進めるなら自分で料理をするのが一番です。これを機に様々なレシピにチャレンジしてみるのもいいでしょう。また、低糖質なあんことは別に砂糖を添加していない状態のあんこも販売されています。

先ほど言ったようにあんこには砂糖を添加するもので、これによってはじめて甘みが強くなります。そのため、無糖のあんこは甘みが少ないのですが、お菓子に使う時には加糖のあんこよりいいかもしれません。甘みも自分の好みで調整できますし、無糖のあんこを購入するのもおすすめです。

あんこはカロリーも高い

あんこのカロリーはつぶあんで100gあたり244kcalこしあんで155kcalとされていますが、先ほども言ったようにこしあんの数字は砂糖が加わっていない状態です。ここに砂糖を加えると100gあたり249kcalになるようですね。

つまり、同じ程度の甘さであれば、つぶあんもこしあんもカロリーは変わりません。好みに合わせて好きな方を使用して大丈夫でしょう。ただ、かなりの高カロリーなので使い過ぎには注意。あんこたっぷりのお菓子を食べ過ぎてしまえばカロリーオーバーを引き起こすのは目に見えています。

特にきんつばや羊羹はあんこの塊と言っても差し支えないお菓子です。そのため、カロリーも糖質も非常に高め。他の和菓子もあんこを大量に用いることが多いため高カロリー高糖質になりがちですので、ダイエット中は気を付けてください。

▼ おすすめの関連記事
小豆の糖質はどのくらい?低い高い?カロリーは?

▼ おすすめの関連記事
糖質制限中に食べるなら和菓子?洋菓子?どちらがマシ?

▼ おすすめの関連記事
低糖質スイーツ!アイス!お菓子が大集合!コンビニ&スーパーに急げ

和菓子と糖質制限に関する記事をご紹介

和菓子と糖質制限に関するその他の記事をご紹介します。

私達といっしょに糖質制限を広めてみませんか?

インスタ60,000フォロワー突破!役立つ情報満載!

もちもち低糖質大豆麺ソイヌー

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2022 糖質制限ダイエットshiru2 All Rights Reserved.