1. 糖質制限ダイエット
  2. やり方糖質制限食食べ物お菓子バナナチップスのカロリーは?糖質制限には向いている?

2017/08/22更新

バナナチップスのカロリーは?糖質制限には向いている?

バナナチップス

バナナダイエットというものが流行ったことがありました。バナナはカロリーが高そうな果実ですが、バナナで痩せることができるなら、バナナチップスでも同じようにダイエットできそうですよね。それではバナナチップスのカロリーはどれくらいあるのでしょう?

ここではバナナチップスのカロリーと糖質を紹介し、ダイエットにどれくらい向いているのかについて説明します。

もちもち低糖質大豆麺ソイヌー

バナナチップスのカロリーは高め!カロリー制限には不向き

バナナチップスには大きく分けて2種類あります。バナナを乾燥させただけのものと、バナナを油で揚げて砂糖をかけたものです。それぞれ100gのカロリーは次のようになります。

  • バナナチップス(乾100g):299kcal
  • バナナチップス(揚100g):540kcal

カロリーに大きな差がありますが、いずれにしても高カロリーです。乾燥させただけのバナナチップスであれば、30gくらいまでカロリー制限中でも食べてもかまいません。とはいえ、30gはあっという間に食べてしまう量です。これでしたらバナナ1本のほうが、腹持ちもいいのでおすすめです。

揚げてあるバナナチップスは完全にNGです。高カロリーでダイエットには向いていません。購入する前に原材料を確認して、砂糖が入っている場合は避けるようにしましょう。

もちもち低糖質大豆麺ソイヌー

バナナチップスは高糖質!糖質制限でもNG

カロリー制限では、あまりおすすめできないバナナチップスですが、糖質制限で考えるとどうでしょう?実は低糖質ということがあるのでしょうか?

バナナチップスの糖質糖質量(100g中)
乾燥バナナチップス71.5g
揚げバナナチップス60g

これはどちらも高糖質なのが分かります。バナナはそもそも糖質がやや高めの果物ですが、乾燥させたことで水分含有量が減り、相対的に糖質が高くなっています。油で揚げたバナナチップスは砂糖で味付けをしていることで糖質量が増えています。

いずれにしても、ダイエットには適していない食品であることには間違いありません。糖質制限中でも、カロリー制限中でもバナナチップスは食べないようにしてください。

▼ おすすめの関連記事
バナナは糖質制限中に食べてもOK?GI値や栄養素を徹底解剖

▼ おすすめの関連記事
ココナッツチップスの糖質はどのくらい?カロリーは?

▼ おすすめの関連記事
糖質制限中に食べるなら和菓子?洋菓子?どちらがマシ?

▼ おすすめの関連記事
低糖質スイーツ!アイス!お菓子が大集合!コンビニ&スーパーに急げ

私達といっしょに糖質制限を広めてみませんか?

インスタ60,000フォロワー突破!役立つ情報満載!

もちもち低糖質大豆麺ソイヌー

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2021 糖質制限ダイエットshiru2 All Rights Reserved.