1. 糖質制限ダイエット
  2. やり方糖質制限食外食肉・ステーキ店ステーキ屋ビッグボーイのメニューはカロリー高め?糖質制限には向いている?

2017/03/01更新

ビッグボーイのメニューはカロリー高め?糖質制限には向いている?

ハンバーグ

可愛いのか可愛くないのかイマイチ判断しにくいマスコットキャラクターで有名なビッグボーイはハンバーグ&グリルのお店。店舗数はかなりの数になるのでみなさんも一度は訪れた経験があるのではないでしょうか。今回はそんなビッグボーイのカロリーと糖質についてです。

参考:外食で糖質制限!おすすめ飲食店のメニューと4つの注意点

スポンサーリンク

ビッグボーイのカロリーは高め

基本的に肉類を中心に提供するお店はカロリーが高めですね。ビッグボーイのメニューも「炙り大俵ハンバーグ」が「150gで591kcal」「200gで731kcal」「300gで1010kcal」とダイエット向けとは言いにくい数値になっています。

「炙り大俵ハンバーグ600g&角切りステーキ 2029kcal」「炙り大俵ハンバーグ600g&チキンステーキ 2058kcal」などはまさかの2000kcal突破。これは1日の摂取目安に相当する量ですよ。

しかも、これらはソースを別としたカロリー。本来はここにソースのカロリーがプラスされるため、もう少しだけ高カロリーになります。

糖質カットサプリ

糖質については意外と低いかも

残念ながらビッグボーイのメニューはカロリーと塩分のみの表示であり、糖質については表記されていません。ただ、写真を見る限りは一般的なハンバーグやステーキなので、糖質量はカロリーに比べて低めでしょう。

特にステーキは糖質制限の救世主と言われることもある料理。それなりのグラム数を食べても糖質制限内に収めることが可能だと思われます。もちろん、これはライスを食べなかった場合の話ですよ。ライスを食べてしまうと一気に糖質量が跳ね上がるので気を付けてください。

それと、出来ることならポテトも避けておくといいですね。単品ポテトのような量はないものの、じゃがいもは100gで16.3gの糖質をもつ食品。避けられるなら避けておくに越したことはないでしょう。要はポテトとライスに注意すればビッグボーイは十分に糖質制限向きのお店なわけです。

私達といっしょに糖質制限を広めてみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

インスタで糖質制限shiru2をフォロー!

SNSで最新の糖質制限情報をゲット

スポンサーリンク

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2019 糖質制限ダイエットshiru2 All Rights Reserved.