1. 糖質制限ダイエット
  2. やり方糖質制限食食べ物おかず魚介類カニやエビなどの甲殻類は低糖質!頭足類のイカやタコもお勧め!

2017/01/11更新

カニやエビなどの甲殻類は低糖質!頭足類のイカやタコもお勧め!

カニ

みなさんは糖質制限をしていると、肉や魚を主に食べることが多いのではないかと思います。

炭水化物を食べない代わりに、味付けさえ気を付ければおかずとなるものをメインとしてたんくさん食べることができるのが嬉しいですよね。

その中でも特にオススメしたいのが、甲殻類であるカニやエビ、そして頭足類のイカやタコです。

魚介類は糖質が低いことでよく知られていますが、なぜカニやエビ、イカやタコなどがいいのかその理由をご紹介します。

もちもち低糖質大豆麺ソイヌー

糖質量がほぼ0gだから安心

オススメの理由の一番はカニやエビはもちろん、歯ごたえもあって満腹感のあるイカやタコも低糖質だからです。

糖質制限中は、どれだけ糖質を摂取しないようにするかを考えながら食事をしますが、そうした考えをする必要がないものであれば料理をするときも楽になりますよね。

では、カニやエビなどの甲殻類、イカやタコなどの頭足類がどのくらい糖質が低いのかをそれぞれ見ていきましょう。

甲殻類・頭足類(100g中)糖質量
カニ0.2g
くるまえび0g
いせえび0g
さくらえび0g
あまえび0.1g
イカ0.1g
タコ0.1g

参考:甲殻類や頭足類以外の食べ物の糖質を知りたい

エビはあまえびだけは若干量の糖質を含んでいますが、それでも100gで0.1gですし、他のカニやイカ・タコも同じような糖質量となっています。

それぞれ何匹くらいの量が100gになるのかというと、くるまえびなら中サイズで4〜5尾が100gですし、カニの場合だと足10本全部がだいたい100gになります。

イカやタコも1パック200gや300gで売られていますが、それでも糖質量は0.2〜0.3gということになります。

これならお腹いっぱい食べても糖質量に影響がでないので、安心して食べることができますね。

もちもち低糖質大豆麺ソイヌー

甲殻類・頭足類は高タンパク質で低カロリー

タンパク質は私たちの血や肉などが作られる材料となる栄養素であり、一番熱エネルギーとして代謝されるものです。

そのため、よくアスリートの人たちは高タンパクで低カロリーなササミなどを食べて運動することによって、あのたくましい体を作っているわけですが、筋肉を付ける付けないにかかわらず健康的な体を作り維持するためにはタンパク質は必要不可欠です。

そして、エビやカニ、イカやタコといった甲殻類や頭足類も高タンパク質で低カロリーな食材なのです。

しかも、イカやタコは歯ごたえもあってボリュームもあるので満足感もしっかり味わうことができます。

お酒を飲む人の味方タウリンが豊富

エビ・カニ・イカ・タコに共通して含まれている豊富な成分が、タウリンです。

タウリンは肝機能を改善したり、悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やす作用や、強心作用などがあるとされています。

よくお酒を飲む人は肝臓をたくさん使っているので、それだけ肝臓も大きな負担になっています。肝臓が疲れてしまうと肝機能も低下してしまうので、それが体の疲労感として現れてきます。

ですが、お酒のお供としてタウリン豊富なエビやカニ、イカやタコを一緒に食べると、アルコールの分解を助けてくれるので肝臓の負担も減らしてくれると言われています。

シンプルな味付けで旨みを引き出すのがオススメ

カニは甘味や旨みを強く感じられるので、ポン酢で食べたりマヨネーズと絡めたりして楽しむことができます。

しかし、エビやイカ・タコはどちらかというと淡泊な方なので、味付けを工夫しないと少し物足りなく感じるかも知れません。

一番シンプルな食べ方はお刺身にして食べることですが、それだけだと飽きてしまうので調理方法や調味料を工夫して美味しく食べましょう。

オススメはオリーブオイル・塩・にんにくを使った海鮮炒めです。フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて、弱火でにんにくの香りを出します。香りが出てきたら材料を入れて中火で炒めます。最後に塩で味を整えて完成です。

お好みでキノコや野菜を入れるとボリュームアップするので、かなり満足できる一品になります。

他にもいろんな調理法がありますので、ぜひいろいろ試してみてくださいね。

私達といっしょに糖質制限を広めてみませんか?

インスタ60,000フォロワー突破!役立つ情報満載!

もちもち低糖質大豆麺ソイヌー

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2021 糖質制限ダイエットshiru2 All Rights Reserved.