1. 糖質制限ダイエット
  2. やり方糖質制限食飲み物ソフトドリンク糖質制限中のプロテインはOK?たんぱく質を効率的に摂取する

2017/02/17更新

糖質制限中のプロテインはOK?たんぱく質を効率的に摂取する

プロテイン

糖質制限の目的の多くがダイエットにあるかと思いますが、体重を落としたいものの筋肉はつけたい。そう考えたときにプロテインの存在をどう考えればいいのでしょう。糖質制限中にプロテインを摂取していいものか、もし摂取していいのであれば、どのように摂取すべきか。

ここではそんな疑問にお答えします。糖質制限中のプロテインの可否とその摂取方法について説明しますので、プロテイン使用で悩んでいる糖質制限中の方はぜひ参考にしてください。

もちもち低糖質大豆麺ソイヌー

プロテインはたんぱく質のこと

一部の人が誤解しているのですが、プロテインを筋肉増強のための薬だと誤解していますが、プロテインはたんぱく質です。純度の高いたんぱく質を粉にしたものがプロテインですので、決して危険なものではありません。

そしてたんぱく質ですから、プロテインを摂取してもそれだけで太るということはありません。むしろ糖質制限中はたんぱく質の摂取を推奨されていることもあります。

糖質制限中は自然にたんぱく質の摂取量が増えることも多いので、むやみなプロテイン摂取はおすすめできませんが、きちんと計算された量を摂取するにはむしろ糖質制限ダイエットをサポートする効果も期待できます。

もちもち低糖質大豆麺ソイヌー

プロテインがなぜダイエットに効果があるか

プロテインは摂取するとなぜダイエットに効果があるのでしょう?実は正確に表現するとダイエットに効果があるのはプロテインそのものではなく、プロテインを摂取したことによってつく筋肉がダイエットに役立ちます。

人間には基礎代謝と呼ばれる1日に自然と消費するカロリーというものがあります。この基礎代謝は筋肉量が多ければ多いほど高くなります。このため1日の摂取カロリーが同じであれば、消費カロリーが多いほうが体重減につながりますので、筋肉がないよりは筋肉がある方が痩せやすい体になるのです。

プロテインを効率よく摂取する方法

それではプロテインを効率よく摂取する方法について紹介します。ポイントをしっかり抑えて、効率よくプロテインを使いましょう。

プロテインは運動後30分以内に摂取

プロテインは運動後、30分以内の摂取をすると吸収が良くなります。特に筋トレ後が理想ですが、運動はしても筋トレをしない人もいると思いますので、運動後30分以内に摂取と覚えておきましょう。ランニングでもフットサルでもかまいません。運動して30分以内に摂取してください。

前提として運動をすることになっていますが、もし糖質制限ダイエットの効果を上げたいのであれば、毎日少しずつでも運動もして、そのタイミングでプロテインを摂取しましょう。

参考:糖質制限と運動でダイエットが急加速!おすすめ運動10コと注意点3つ

体重×0.0015のたんぱく質を摂取する

糖質制限中の理想のたんぱく質摂取量は「体重×0.0015」が目安になります。60kgの人であれば、60×0.0015で90gになります。90gものたんぱく質を食品から摂取するのはとても大変ですので、それを補うためにプロテインを摂取しましょう。

ただし1度に大量のたんぱく質を摂取しても体がたんぱく質を吸収できませんので、プロテインとしての摂取は1度に20〜30gに抑えるようにしてください。不足分は何回かに分けて飲むようにしてください。運動後以外の摂取の場合は就寝前が理想の摂取のタイミングになります。

飲みすぎないこと

いくらダイエット効果があるとはいえ、飲み過ぎはカロリーオーバーになってしまいますので、ダイエットのはずが体重増になってしまうケースもあります。プロテインを水代わりに飲まないように注意してください。

プロテインという名前がついている商品でも炭水化物を多く含んでいる商品があります。この場合、プロテインでたんぱく質を摂取しているつもりが炭水化物も摂取してしまう可能性がありますので、プロテインを選ぶときには、必ず成分表を確認するようにしてください。

関連:プロテインおすすめランキング比較!種類別の人気商品と評価ポイント

私達といっしょに糖質制限を広めてみませんか?

インスタ60,000フォロワー突破!役立つ情報満載!

もちもち低糖質大豆麺ソイヌー

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2022 糖質制限ダイエットshiru2 All Rights Reserved.