1. 糖質制限ダイエット
  2. やり方糖質制限食食べ物おつまみ貝ひものカロリーは高い?糖質制限には向いている?

2017/05/10更新

貝ひものカロリーは高い?糖質制限には向いている?

ほたての貝ひも

貝ひもは貝の外套膜を使ったおつまみのひとつ。形はまっすぐであったり縮れていたり様々ですが、どれも歯ごたえのある食感が特徴となっています。今回はそんな貝ひものカロリーと糖質を紹介するので、よく口にする方はぜひチェックしておいてください。

もちもち低糖質大豆麺ソイヌー

貝ひもはややカロリー高め

一般的な乾燥した貝ひもはカロリーが高めで100gあたり322kcal前後と言われています。対して生の貝ひもは100gあたり97kcal前後のようです。やはり乾燥したものは水分が少ない分、重さに対するカロリーが高め。ただ、1袋で乾燥した貝ひもが100gも入っている商品は少なめです。

コンビニなどで売られている小さなパックなら1袋あたり20g前後でしょうか。これならカロリー量は65kcal前後ですので、カロリー制限中でも食べやすいと思います。お酒を飲む場合は、ここにお酒の分のカロリーが追加されるので注意。あらかじめ合計カロリーを計算したうえで口にすると安心ですよ。

もちもち低糖質大豆麺ソイヌー

貝ひもはやや糖質も高め

貝ひもの糖質量は20gあたり10g前後は見ておいた方がよさそうです。一応、商品によってはもう少し低糖質なのですが、糖質制限中は少し多めに見積もっておくくらいがちょうどいいでしょう。

スタンダード糖質制限の目安が一食40g以下ですので、貝ひも1袋でおおよそ4分の1ほどを持っていく計算。ここにお酒が追加されると20g前後になる恐れがあります。つまり、貝ひもとお酒のセットで晩酌を楽しみたいのなら、食事の糖質量を20g程度に抑えておくのが無難。そうしないと糖質オーバーを起こしてしまう恐れがあります。

また、お酒の飲みすぎや貝ひもの食べ過ぎも気を付けなくてはいけません。アルコールが入ると自制心がきかなくなるので、自信のない方は初めから飲む、食べる分以上は買わないのが賢い選択。そうすれば食べ過ぎや飲み過ぎが起きることもありません。

▼ おすすめの関連記事
貝の糖質は意外と高い?あさり・ホタテ・牡蠣などの糖質は?

▼ おすすめの関連記事
糖質の少ない「おつまみ」は?低カロリーでも糖質の多い食品に注意

▼ おすすめの関連記事
糖質制限でアルコールはOK?飲んでもいいお酒とダメなお酒!カロリーは?

貝と糖質制限に関する記事をご紹介

貝と糖質制限に関するその他の記事をご紹介します。

私達といっしょに糖質制限を広めてみませんか?

インスタ60,000フォロワー突破!役立つ情報満載!

もちもち低糖質大豆麺ソイヌー

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2021 糖質制限ダイエットshiru2 All Rights Reserved.