1. 糖質制限ダイエット
  2. やり方糖質制限食食べ物おつまみねぎまのカロリーは高い?糖質制限には向いている?

2017/07/27更新

ねぎまのカロリーは高い?糖質制限には向いている?

ねぎま

ねぎまは焼き鳥における定番メニューのひとつ。鶏肉だけだと味のしつこさから飽きが早いものですが、ねぎが間に入るだけで飽きが緩和されます。そのため、お店によっては肉肉肉の串より人気があるようです。そんな、ねぎまのカロリーや糖質を見ていきましょう。

もちもち低糖質大豆麺ソイヌー

ねぎまはカロリー高め

ねぎまのカロリーは2本(100g)あたり171kcalとされています。一般的な焼き鳥が2本(100g)あたり197kcalですので、比べると少しだけ低カロリーです。これは、単純にねぎが入ったためと考えていいでしょう。鶏肉が100gあたり200kcal持つのに対して、ねぎは100gあたり28kcalしかありません。

つまり、ねぎの割合が増えるほどにねぎまのカロリーは下がります。もし、ねぎがメインのねぎまが存在すればカロリーはさらに低いかもしれません。ちなみに、塩とタレを比較すると若干ながら塩の方が低カロリーです。そのため、特にこだわりが無ければ塩を選択するといいですよ。

もちもち低糖質大豆麺ソイヌー

ねぎまは糖質制限に向いている

ねぎまの糖質は2本(100g)あたり約4.5gしかありません。100gあたり4.5gの糖質量と言えば、生姜や芽キャベツなどの野菜と同じくらいです。スタンダード糖質制限(1食あたり糖質40g以下)でも18本程度は口にできますので、糖質制限向けと言って差し支えなさそうです。

ただ、一般的な焼き鳥と比較すると少しだけ糖質が高めとなります。これは、鶏肉よりもねぎの糖質が高いためです。野菜類であることからねぎも100gあたり約5gと低糖質ですが、鶏肉についてはほぼ糖質を含みません。

つまり、糖質についてはねぎの配分が多いほど高くなってしまいます。とはいえ、気にするほどの量でもないでしょう。また、鶏肉だけよりも多くの栄養を摂取できそうです。ちなみに、糖質についてもタレより塩の方が低めです。

▼ おすすめの関連記事
焼き鳥の糖質はかなり低め!塩とタレどっちがベスト?カロリーは?

▼ おすすめの関連記事
肉は低糖質!牛肉も豚肉も鶏肉もレバーと味付けのみ注意が必要

▼ おすすめの関連記事
糖質の少ない「おつまみ」は?低カロリーでも糖質の多い食品に注意

▼ おすすめの関連記事
糖質制限中にオススメの「おかず」はナニ?肉や魚や糖質0g麺など

鶏肉と糖質制限に関する記事をご紹介

鶏肉と糖質制限に関するその他の記事をご紹介します。

私達といっしょに糖質制限を広めてみませんか?

インスタ60,000フォロワー突破!役立つ情報満載!

もちもち低糖質大豆麺ソイヌー

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2021 糖質制限ダイエットshiru2 All Rights Reserved.